01

出会い

 新杵堂グループ代表である田口和寿は1990年から1995年まで東京赤坂にある『塩野』にて伝統的な和菓子を現場修行している1995年の夏のふとした時にTVから流れる 『アメリカで動き出しているデジタル情報革命』に衝撃を受け翌月9月01日にはその震源地であるニューヨーク・マンハッタンに立っていました。

 当時退職金として戴いた15万円を握りしめてのみ渡米したため『住む場所』そしてどうやって生きていくのか?まったく準備もしないまままずNYCに降り立って インターネットがどのようになっているか?どんなことができるのか?現地の空気感を日々体感するためです。
 片道切符のみで渡米していますから帰国はできませんから『生きてゆく』ために必死に日々生きるために、いろんな皆様との出会いを求めて彷徨っていました。

02

継承と決意

 家業である『栗菓子』そして塩野で学ばさせて戴いた『和菓子とは』つまりニューヨークで生きてゆくには『和の精神を持ち合わせた菓子創り』だと再確認しいろんな仕事して生きつないでゆく中でもその精神つまり想いをわすれずに必死に継承してゆこうと摩天楼の中で継承し決意した瞬間でもありました。

03

マンハッタンでの挑戦

 いろんな皆様のご縁やお力添えによってマンハッタンでも有名でイーストビレッジ人気店『ISO』にて見習いとして入社しマンハッタンでの挑戦がはじまりました。 職場仲間は世界中から『自分の幸せを具現化させるために』きていると主張する仲間ばかりで、自分の未熟さと『幸せや夢』の大切さを痛感したのを思い出す。

04

想い

 自分次第で想いがあれば誰とでも会える機会ガあるのがニューヨークで、実際にいろんな皆様を通じてハリウッドスターからデザイナーそしていろんなプロとかかわりを持たせていただけることができましたことが今の自分を構築する上で大きな要因になっていることは間違いないです。
 つまりもうこれ以上考えられないほどの情熱と想いさえあれば、自分をいかようでも軌道修正して変えてゆけるるんだと!自分の思考回路が更新された瞬間でもありました。

05

LGBTな仲間

 職場には世界から挑戦をするためにやって来たいろんな人種やいろんな宗教やいろんな思考を持った仲間がきており、その中でも私を支えてくれたのがLGBTな仲間たちでした。
 思い起こせば、夢実現のために踏み込んでいる自分の中には『お金もない』『友人もいない』『住む場所も転々』『今後の不安』など不安要素もすごくあり、気張っていながらも私の言動や顔にはその不安感がかもし出されたわけで、その不安を彼ら彼女たちがいつも交代で私のために声がけしてくれました。
 
まず英語については私のめちゃくちゃな発音を話するたびに『違う!この発音をこうするべき』と厳しく何度も指摘してくれて話せるようになっていたと感謝しかない。
 私が一人では絶対に行けないような場所やパーティーやそして人脈も繋いでくれて常に興奮状態で自分の性格さえも更新されるほどの衝撃的な日々でした。またLGBTな仲間たちから『男女の気持ちの違い』を学んだのも今では大きな武器となっているのも感謝しかなく『心こめてありがとう』と伝えたい。

06

ブランド創造の原点

 私の第二故郷と言っても過言ではないニューヨーク・マンハッタンで仲間たちと一緒に新ブランド『ロールズニューヨーク(英記;Rolls NewyYork ※登録商標取得済)』を立ち上げ、毎週週末にマンハッタン・ブルックリンなどで行われるフリーマーケットに出向いてスイーツの販売をしていたのが原点であり生まれた由縁です。

07

永住または帰国の決断

 あっと言う間にニューヨークでの生活も5年が経過しようとしている時つまり1999年に実父が病におかされて倒れたとの一方が日本から届いた。
 その当時、成果をだせば日本での給料の10倍近く戴けるという小さなアメリカンドリームを謳歌していましたから生活環境は激変していて帰国しようとは一切考えていなかったけれども、VISA更新をしない決意をして帰国。

08

別れと誓い

 なんもできなかった外国人である私を家族のようにしてくれた多くの仲間たちとの別れは本当に辛かったし、自分で決意した帰国を実行する中で必ず『世界』に挑戦しここに戻ってくると約束しました。

09

いま

 いろんな皆様を通じて間接的にアジアそしてカナダ・アメリカに輸出できるようになってきてカナダには現地法人『新杵堂カナダ』を新設しカナダでの販売とアメリカへの挑戦をし続けており今後も挑戦をさらに一歩踏み込んでゆくこと変わりない決意をしています。

10

別れと誓い

 なんもできなかった外国人である私を家族のようにしてくれた多くの仲間たちとの別れは本当に辛かったし、自分で決意した帰国を実行する中で必ず『世界』に挑戦しここに戻ってくると約束しました。

11

これからの一歩

 新杵堂グループ企業理念『お菓子で人々を幸せにする』を胸に進めてゆくために、どんなに大きな困難が立ちはだかっても私たちのお菓子な世界挑戦は続きます。